>

時代に合わせた商品や販売促進

トレンドをチェックしていく

人気店舗のオーナーは、常に時間をかけて情報収集を行っています。
時代の変化が激しい現代では常にアンテナを張る必要があります。
話題になっている店舗を体験したり、専門雑誌などで業界の動向にもチェックが必要なのです。
ブームの商品を扱っても流行り廃りも早く2~3年で廃業する可能性もあります。
常に危機感を持ち、時代に合ったものへ移行したり変化を加えなければなりません。
たとえばサイドメニューに健康志向の商品を増やしてみたり、女性向けのお店なら禁煙を実施したり、Uber eatsの利用などお店にあったサービスを考えてはいかがでしょうか。
また、SNSのインスタグラムやFACEBOOKで情報を発信するのも有効です。

立地に合わせたコンセプトを考える

人気店舗の中には好立地な所もたくさんあります。
人通りが多ければ集客も見込めますよね。
駅の前や交差点、あるいは大通り沿いなどアクセスのよさはメリットとなります。
また立地に対して店舗との相性も考えていきましょう。
コンセプトが違ってしまうと、リピーターは難しくなります。
ターゲットを明確にしていきましょう。
住宅街ならファミリー向けの商品だったりやオフィス街ならビジネスマン向けだったりとそれぞれに合わせた商品を提供していきましょう。
立地が悪い条件なら、オリジナリティのある商品や独特な雰囲気でのお店作りなど店舗の存在を知ってもらうための営業力、お店の個性をアピールすることが必要になりそうです。
そのお店にしかない商品や店舗のブランド性があれば、立地は関係ありません。


この記事をシェアする