>

お店のイメージに合った接客

接客力がポイントです

どの店舗も商品力には取り組んで向上してきました。
もしあまり競合店同士での違いがなくなってきた場合、どうすればいいのでしょうか。
やはり接客力が重要になってきます。
従業員の接客に満足してもらえれば再度来店してもらえます。
まさに命とりになりますので、レベルアップを図らなければなりません。
最近はインターネットで買い物をする方がたくさんいらっしゃいます。
家電はインターネットで買う方が安いですが、商品を選ぶ相談がしたかったり説明を受けたいということで実際店舗で買われる方が多いですよね。
そういった接客力を向上には従業員の意識の持ち方も重要になってきます。
仕事に誇りをもって、商品の知識に精通してもらい、マニュアル以上の接客サービスに努めてもらう。
その為には、店舗はよい接客に対して評価する体制も必要となります。

健全な経営に努める

経営するうえでの知識は、オーナーにとって欠かすことはできません。
たとえば、飲食業界などで料理について詳しくても経済状態が把握できていなければ、店舗を維持していくことは難しくなります。
店舗の家賃や従業員の人件費、開業時の借入金など。
最初に物件の内装などで初期投資をかけすぎないようにし、運転資金を確保しておかなければなりません。
原価率を下げるために、業者と交渉したり、原価を抑えるメニューの開発、在庫管理やロスを減少など売上アップのため、努力が必要です。
人気店になるために、戦略、マーケティング能力や情報収集の他に財務も学ぶことが必要となります。
店舗運営を健全にしていかなければ、問題を解決する余裕もなくなってきます。


この記事をシェアする